rss

雪道対応靴『パナテトラ®』配合ソールのご紹介

January 12 2012

snowsole.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

1月も中旬になりましたが、北海道、東北、上信越など降雪エリアの雪への備えは、これからが本番ではないでしょうか。

 

私も、連れの実家が北海道ですので、この時期、雪道を歩く機会も少なくありません。雪道の歩行に慣れていない事もあるのかと思いますが、一般的な底ではつるつると滑るわ、それはそれは大変です。

 

さて今日は、そんな雪道に対応する靴のご紹介です。

リーガルの雪道対応ソールには紳士で、主に4種類の底仕様があります。今回ご紹介するのは、比較的底の厚さが薄く、見た目もスタイリッシュな、『パナテトラ®』を底材に配合したソールです。

 

pana-tetra.jpg

(パナテトラ® 電子顕微鏡写真)

 

『パナテトラ®』とは金属亜鉛を酸化熱処理することによって作られた酸化亜鉛の針状単結晶体です。その最大の特徴である消波ブロック形状(三次元形状)により、パナテトラ®を配合した底は、凍結路面でのひっかき効果があります。

 

また、底のデザインで縦横にスリットの入ったブロックを配置し、あらゆる方向に滑りにくい構造となっております。

 

シューズ・ストリートでは、雪道対応の滑りにくい靴を取り扱っています。 

パナテトラ®配合仕様のソールを採用したモデルは、011R635R636R122R124R

315R318R607R608R820R620R621R623R825R826R827R

720R721R722R725R727R728R915R916Rのそれぞれ雪道対応ソールモデルです。

 

これからが、本格的な雪のシーズンになります。是非、降雪エリアでビジネスの足としてご検討ください。

 

ご注意:

雪道対応ソールは、滑りにくいという機能を優先している為、一般的なソールと比較して素材が柔らかく、降雪のない状態での着用では磨耗が早い傾向があります。

 

※パナテトラは株式会社アムテックの登録商標です。