rss

リーガル No.2235のお話

July 26 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井です。

No.2235はリーガルブランドの定番として、多くのお客様にご愛顧頂いている靴の一つです。ご存知の方も多いかと思います。今回は、リーガルアーカイブスからこの「No.2235」という靴についてお話を一つ。
 
この靴のルーツは、1960年代にアメリカで発売されていた『REGAL』ブランドの靴がサンプル。日本で、有名デパートの特注品として、日本人の足や好みに合うよう各部のリファインを行い、販売したのがきっかけでした。
 
 
2235_1.jpg
(左:No.2235   右:当時アメリカで販売していた『REGAL』)
 
その後、リーガルブランドのラインアップのひとつとして1968年にリリース。1972年に現行品番No.2235に改定されました。
 
1970年代には、グッドイヤーウエルト製法を最も表現するのに適したデザインとして、リーガルブランドの広告にこのNo.2235が多く使用されました。その当時のサンプルや広告資料がリーガルアーカイブスに保存されています。
 
 
2235_2.jpg
 
初めてリリースしてからお客様にご愛顧頂き、40年以上の歳月が経ちました。今もNo.2235は変わらぬ木型と製法で、日本で製造しております。長い歴史を持つNo.2235を是非一度お試しください。