rss

ヘンな形(?)には理由があります。

November 08 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井(K)です。

秋からもうすぐ冬の気配も感じられる季節になりましたが、今、西日本など一部を除き全国的に紅葉が見ごろとなっています。

 

皆様の中にもすでに、紅葉狩りを楽しまれた方もおられるかと思います。(私はもっぱらドライブで車窓からですが)

 

今回は、これからご予定の方の足元を、より軽快にするような履き心地のメンズ商品をご紹介します。リーガルウォーカーNo.JJ22AGのシリーズです。

 

blogphoto.jpg

( 左より No.JJ22AG、  No.JJ23AG、 No.JJ24AGNo.JJ25AG )

 

普段、歩くことが多い職業の方や、ON・OFF兼用で履きたい方などに好評です。

ヘンな形(?)ではなく、オブリークトウと呼ばれる特徴のあるつま先の形状が、足指に沿った形になっており、足の自然な形をあまり崩さぬよう、足入れが良く、履いているときの圧迫感を軽減します。

 

クッション性に優れた軽量のオリジナルモールドソールを採用。カップインソールは足裏の形状を踏まえて成形し、足を包み込むようにしっかりホールドします。EEE幅で、ゆったりソフトで軽快な履き心地を楽しんで頂ける商品です。

 

今でこそオブリークトウの靴は見慣れた形ですが、14年前の発売当初はまだまだ新鮮な形でした。当時の私の第一印象は、正直かっこ悪い形の靴だなと思いました(笑)。が、試しに履いてみると、足指の締め付けがなく、楽で履きやすいと感じたことを良く憶えています。

 

jj23fit.JPG

 

 

また、クラークスメンズのウォーカーでもオブリークトウの商品がございます。

 

857C.JPG

レザー×ハリスツイードとホワイトカラーのソールがカジュアルなNo.857Cは、スニーカー感覚でお履き頂け、今の季節におススメの商品です。(珍しい、同じ靴型のUSBが、おまけとして付きます。)