rss

ステッチダウン製法のビジネスシューズ

December 13 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井(K)です。

あっという間に2012年も残りわずかとなってきました。皆様のお仕事も、そろそろラストスパートをかける時期でしょうか。シューズ・ストリートのスタッフ一同も年末年始の準備に向け、エンジン全開!(笑)で頑張っています。

 

今回ご紹介するのは、ステッチダウン製法で作られたリーガルメンズのJU11シリーズです。

製法の詳細はこちら

 
JU11_1.jpg
(左からJU11JU13JU14JU15JU16
 
表底にクッション性のよいラバースポンジソールを使用し、ステッチダウンと呼ばれる、甲革の端を外側に向けて表底に貼り付け、その部分を出し縫いするという製法で作られています。特徴は、屈曲性が良く履きやすい上に、底周りの独特な風合いが好まれ、柔らかさがポイントの子供靴やクラークスのデザートブーツに代表されるカジュアルシューズやウォーキングシューズに多く用いられています。
 
JU11シリーズは、一般的には比較的珍しくビジネスシューズにその製法の良さを取り入れた商品です。デザインには定番の5つのデザインがありますが、実は表底が雪道対応底の仕様もあるのです!
 
JU11_2.jpg
( 左 標準底仕様  右 雪道対応底仕様  )   
 
先週から寒さも増し、各地の積雪情報をニュースでもよく見るようになりました。
あまり積雪のないエリアでは、急な積雪などで履く靴に困ったりしますが、いざという時の為に1足あると便利です。地域により雪道対応底仕様はお取り扱いしていない地域も多いと思います。その場合はシューズ・ストリートをご利用頂ければと思います。
 
他にもメンズでは、「雪に!滑りにくい靴」で、ビジネス、ブーツ、ウォーカー、カジュアルと様々なタイプがございます。お気に入りのシューズに雪道対応底仕様があれば、シチュエーションによって履きわけることもありですね。