rss

「ウルトラの父」の靴のサイズは?

May 13 2014

top_0512father.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

6月の第3日曜日は父の日です。シューズ・ストリートでもプレゼントにお勧めの靴をラインアップしております。是非、ご確認ください。

 

『父』と言えば、思い出すのは“ウルトラの父”です。そう、言うまでもなく、円谷プロさんのウルトラヒーローのひとり。

 

ウルトラの母が女性的だったのに対して、ウルトラの父は、髭をたくわえ、「ウルトラホーン」と呼ばれる角をもった姿に、頼もしさをひしひしと感じたものです。身長は45m、体重は5万トン、一説では16万歳とのことで、「ウルトラの父」と比較したら、私なんてまだまだ雛っこです。(笑)

 

さて、シューズ・ストリートでは靴だけでなく、鞄やベルト、財布など革小物も取り扱っております。ラッピングも賜っております。是非、ご利用ください。

 

何かご不明の点があれば、お気軽にお問合せください。オンラインショップへのご来店をお待ちしております。

 

tel-0800-222-8123_2.jpg

クールなカモフラ

April 15 2014

55fr.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日はカモフラージュ柄(以下カモフラ)レザーを採用するリーガルNo.55FRのご紹介です。

 

カモフラの発祥の地はフランス。なんでも「カモフラージュ」という言葉自体が仏語とのこと。

一説には「カモフラ」デザインの起源に「ミリタリー」は関係ない・・・など諸説あるようですが、やはりカモフラとミリタリーは切っても切れない関係なのは言うまでもありません。

 

カモフラには、ウッドライドパターン、リーフパターンなどと呼ばれる代表的な柄をはじめ、草原、ジャングルや砂漠など環境に合わせた柄が世界で数百種も存在しています。

 

そんなカモフラですが、特に、ここ数年、ミリタリーファッションとは一線を画すファッションアイテムとして人気なのはご存じの通りです。本来、環境に合わせて目立たないのが特徴の柄ですが、街で着用すれば、逆に否が応でも目立つのがポイントです。

 

ご紹介のリーガル No.55FRは、カモフラ柄でも通称マダラ系などと呼ばれる曲線を基調とした柄。ホワイトカラーの外鳩目とステッチがポイント。控えめなコバと、薄めのソールで都会的な印象です。グリーンやカーキ系のカラーが多いカモフラの中で、ネイビーとグレーのカラーに野暮ったさは微塵もなく、クールな印象。

 

シンプルな上下に合わせて履いていただきたい、“ひと捻り”したタウンシューズとしてオススメです。

 

 

ひゅうが.jpg

( こちらは本物のミリタリー 海上自衛隊 護衛艦ひゅうが )

PICK UP 「hiromichi nakano」

April 10 2014

 

373H_2.jpg

 

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日のピックアップシューズは「hiromichi nakano」ブランドから。商品コードNo.373H ラウンドトウのシルエットが特徴のカジュアルスリッポンです。

 

373H_1.jpg

( hiromichi nakano No.373H )

 

トレンドのラウンドトウの3E木型を採用し、クラシック&モダンな印象の一足です。

甲革には、特有のシボ感のあるバッファローレザーを使い、つま先と踵をWAXでアンティーク仕上げを施し、フレンチテイストも感じるモダンな雰囲気に仕立てました。

 

日本製で、リーズナブルな価格もポイント!ブラック、ダークブラウンの鉄板カラーの他に、ファッション性に富んだネイビー、ベージュ、レッドを加えた5カラーの展開です。

故きを温め新しきを知る。。。

March 27 2014

saddlejpg.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

1971年のデビューの鉄板アイテム リーガルのサドルシューズNo.2051。シューズ・ストリートレポートでも、パンダ絡みのご紹介や、簡単なヒストリーをご紹介しました。

 

今回は、2014年春夏新製品として展開しますリーガルNo.W383と合わせてご紹介致します。

リーガルNo.W383は、リーガルブランドのアイコンのひとつとも言えるNo.2051のアイデンティティをしっかりと継承しながら、新しいカラーや、ウェッジソールでイメージを一新するニューアイテムです。

 

底の仕様は、No.2051がヒール有りの合成ゴムソールなのに対し、No.W383は、スポンジ素材の軽量ウェッジソールを採用。質実剛健、しっかりとした印象は、残しつつも底の返りが感じられるシャープなモデルに。重さもNo.2051が約610g(片足、サイズ25.0)なのに対して、約400g前後とダイエットしました。

 

写真のNo.W383はサドル部分がネイビーで、見慣れたブラックのNo.2051とは異なり新鮮です。No.W383には、他にサドルがダークブランのモデル、ステッチや外に露出する鳩目を白色にしたことでコントラストが印象的なブラック単色モデルがラインアップ。カラーの展開もNo.2051と一線を画しています。他にも、ライニング、コバの仕様、紐など、No.2051とはまた違う、こだわりのモデルです。

 

そう、似ている様でかなり違う、温故知新モデル。是非、チェックしてください。

 

※リーガルの専門店「リーガルシューズ」だけで販売するオリジナルモデルです。

オススメ メンズ クラークス

March 04 2014

 

season_collestion.jpg

 

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今、シューズ・ストリートのクラークスブランドで飛び抜けて売れいますノーウィンバイブ(NORWIN VIBE)」のご紹介です。

086E_____NAVY001.jpg

同シリーズは、キャンバス素材を、洗い加工(ウォッシュド)加工してアッパーに採用。最初から足に馴染んだ様な、ナチュラルな雰囲気が洒落た一足です。ネイビーオリーブサンドの3カラーをラインアップ。サイズ展開は、サイズ11(29.0cm相当)まで設定がございます。価格もとってもリーズナブルです!

 

また、同じシリーズのスリッポン「NORWIN EASY」は、シリーズ名どおり、更に気軽にお履き頂けるモデルではないでしょうか。カラーは、ネイビーオリーブレッドのラインアップです。是非、ご検討ください!

134ECS___RED_001.jpg

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11