rss

ファッションの秋は足元から

October 11 2012

 

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井(K)です。

本日のブログから新しく執筆メンバーに加わりました。これからよろしくお願いします。

 

朝夕も涼しくなり、より秋が深まっていくことが感じられるようになりました。

ジャケットを着た男性の通勤姿も、より多くお見掛け致します。

 

今回は、そんな秋のジャケットスタイルを、より引き立てる商品のご紹介です。No.JD11BC リーガルメンズビットシューズ です。

 

JD11.jpg

 

一番目を引くのが、存在感のある甲部のゴールドの金具ではないでしょうか。このような金具の付いたシューズを一般的に、ビットシューズと呼んでいます。ちなみに、ビットとは馬具の轡(くつわ)にある“はみ”の意で、形状が似ていることに由来しています。

 

JD11BCは、甲革にきめの細かいキップ牛革を使用したセミマッケイ製法で、履きこむ程に革が足に馴染んでくる柔らかさが特徴です。また、本底は革を使用し、磨り減りやすいつま先部のみ、ゴムに変更し、耐久性をあげております。

 

JD11-2.jpg

 

カラーも明るめのブラウンと落ち着いた雰囲気の中にも華やかさが感じられるブラックの2色となります。お手持ちのベルトも、シューズと同色や、バックルの金属部の色を同じゴールドで合わせられると、より一層、コーディネートに統一感が持たせられます。

 

さらに、休日のお出掛けスタイルのチノパンやジーンズの足元を、スニーカーから、このビットシューズに履き換えるだけで、普段と違ったカジュアルアップが楽しめるのでないでしょうか。今までこのようなデザインのシューズを、履かれたことがないお客様にもぜひお試し頂きたいと思います。

 

また、スーツスタイルをワンランクアップさせるビットシューズも、シューズ・ストリートでは、お取り扱いしております。

リーガルNo.15BRBANo.920RALケンフォード No.KB33LNo.KB70 などビットのデザインもそれぞれ個性的で、こちらもお勧めです。

 

ファッションの秋を足元から演出されてみてはいかがでしょうか。

私のオススメのプレーントウ

August 09 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井です。

今回は、「プレーントウ」のデザインのお話です。数多くのシューズ・デザインの中でも、一番オーソドックスな「プレーントウ」は、どの靴店でも、間違いなく取り揃えているデザインでしょう。
 
シンプルで、飾り気の無いこのデザインは、基本的な靴のデザインの一つで、多くの方が愛用しているかと存じます。シンプルなデザインだけに、革の素材やつま先の形状(トウシェイプ)が、他のデザインよりも引き立ち、多種多様なプレーントウが存在するのも特徴です。
 
 
plainshoe.jpg
(左:リーガル 762R  中:1960年台にアメリカで製造されたリーガル 右:リーガル 08CR
 
 
そんなプレーントウ。リーガルブランドにも、様々なシリーズでラインアップされておりますが、まず押さえてほしい、私のオススメは定番No.2504です。
 
ラウンド形状のトウシェイプや、グッドイヤーウエルト製法からくるボリューミーなフォルムとバランスを考え、ビジネススタイルのパンツでは、裾をダブルで仕立てて合わせてみてはいかがでしょうか。
 
 
denim.jpg
 
一方、不思議とカジュアル感もあって、デニムやチノとの相性も悪くありません。ワークスタイルを感じさせるような履きこなしのコーディネートもありでしょう。シンプルなデザインだけに、何色にも染まりやすいのがプレーントウの一番の魅力です。
 
余談ではありますが、1960年代にアメリカで発売されていた『REGAL』ブランドは、当時の日本人の足からすると若干細身だったようで、日本で展開するのに伴い、日本人の足形や好みに合うよう木型の各部をリファインしました。そのリファインは、このプレーントウから始まったと言われています。
 
シンプルならではの楽しみ、プレーントウを皆様も是非お試し下さい。

ローファーの話

August 02 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井です。

今回もリーガルアーカイブスから、「ローファー」について。 調べてみたところ、様々なお話が出てきました。

 

「ローファー」と一口に言っても、様々なテイストがあります。クラシカルなデザインもありますが、日本では、学生靴として、履かれた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
 
 
昔、日本には「ローファー」という名称は無く、靴紐のない靴を一般的に「スリッポン」と呼んでいたそうです。
 
昭和30年代に、株式会社ヴァンヂャケットが、米国東部地区にある名門私立大学(ハーバード・コロンビア等、八校の総称をアイビーリーグと言うのはご存じの通りですね。)に通う学生のライフスタイルを基にしたアイビーファッションを打ち出し、瞬く間に全国的な大ブームとなります。
 
その中に「VAN-REGAL」のローファーがありました。
スリッポンより先端が短く、履き口を広くしたデザインは、当時発売された伝説の写真集“TAKE IVY”でアイビーリーガーが好んで履いており、そのスタイルに若者は憧れたそうです。
 
VANローファー.jpg
(VAN-REGAL ローファー)
 
しかし、当初、このローファーは販売店が少なく、また高価だった為、若者は似た靴を求めて、街の靴屋に押し寄せました。しかし、まだ一般的でない「ローファー」という言葉に、当時の靴店は首を傾げたそうです。この話は、以前NHK朝の連続テレビ小説“カーネーション”で昭和30~40年代のアイビーブームのお話として描かれています。そして、このブームをきっかけに「ローファー」と言う名称は定着していきました。
 
さて、ローファーが流行した当時、甲にある切れ込みに1ペニー(1セント)コインを入れることが流行ったそうです。そのルーツには、諸説あるようですが、アイルランド地方ではボロ靴を貯金箱代わりにコインを貯めて、大金持ちになった人の伝説が残っているそうです。もしかしたらこんなストーリーから生まれたのかもしれません。
 
その後、「VAN-REGAL」の仕様書を参考に、昭和47年に発売を始めたのがリーガルNo.2177です。ラインアップから既に40年あまり。「ローファー」の名を広めるきっかけを、今に受け継ぐこの靴を是非お試し下さい。
 
参考文献
・【TAKE IVY】くろす としゆき 長谷川元 林田昭慶 石津謙介 昭和40年 婦人画報社
・【VANヂャケット博物館】 (株)オウトゥー・ジャパン 平成5年 扶桑社
・【VANから遠く離れて 評伝石津謙介】 佐山一郎 平成24年 岩波書店

父の日のプレゼントに、サンダルはいかがでしょうか?

June 04 2012

 

62br.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

6月17日(日)は "父の日" です。シューズ・ストリートでは、父の日にオススメの靴や小物をピックアップしてご紹介しています。

 

おススメ商品の中から、1シリーズをピックアップ。

写真(上)は、リーガルスタンダーズのNo.62BR。甲革は、アメリカの著名なタンナーである「ホーウィン社」の肉厚なオイルドレザーを採用しました。ナチュラルでありながら、武骨で男らしい雰囲気のサンダルです。

 

写真(下)右側は、同じシリーズのトングデザインNo.61BR

革2本を交差させ、鼻緒状にしたデザインが洒落てます。サイドに配した大きめのバックルには「リーガルスタンダーズ」のロゴを入れました。アクセントとして一役買っているかと思います。

 

61br-62br.jpg

 

両デザインとも、ソールは天然クレープを採用。中物は柔らかく、厚みをもたせたことで、クッション性が良い点も特徴です。

 

 

シューズ・ストリートでは、プレゼント用のラッピングも承っております。ラッピングの際は、通常よりお届けに日数を頂くこともありますので、早めのご注文をお願いします。ご来店をお待ちしてます。

 

父の日特集は、 こちら   ↓

fathersday_title2.jpg

 

ドライビングシューズ 

May 28 2012

954r.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

先日、モナコで行われた”フォーミュラー1 ワールドチャンピオンシップ2012”(いわゆる「F1 グランプリ」ですね。)のニュースを目にしました。

 

世界各国のサーキットを転戦する「F1 グランプリ」。中でも、世界で2番目に小さい国、モナコ公国で開催される”モナコグランプリ”は、1929年から開催される歴史と伝統の一戦です。

 

地中海の美しい海や山を背景に、モンテカルロ市街地の歴史的建造物を縫う様に走るフォーミュラカー。普段は一般の生活道路を仕切ったコースだけに、道幅は狭く、テクニカルで、スリル満点です。

 

 

さて、F1を運転するには、役不足かと思いますが、今日はドライビングシューズのご紹介です。

 

2011春夏物でデビューして以来好評のリーガルのドライビングシューズ No.954Rに、スエード素材が追加になりました。スエードと言うと、秋冬イメージをお持ちになる方もいらっしゃるかも知れませんが、今回の素材は、毛足の短いサマースエード。淡いカラーもあって、とっても上品で落ち着いた印象に仕上がりました。ライニング(内張り)を省いたソフトな履き心地もポイントです。

 

そんな訳で、ドライビングシューズのデザインではありますが、街履きタウンカジュアルとして、オシャレに合わせていただければと思います。スエードが加わり、”おとなカジュアル”な印象が更に強くなった、オススメのシリーズです。

 

さて、モナコグランプリ。日本人ドライバーでは、小林可夢偉選手が唯一、フル参戦しています。残念ながら、今回のモナコグランプリでは、他車との接触で、リタイヤしてしまいました。今後の活躍を期待したいですね。

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11