rss

リーガルウォーカーは、進化を続けています。

June 23 2014

line.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

先週21日(土)、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に正式登録されることが決まったのは、皆様ご存じのとおりです。

 

「富岡製糸場」の保存に関しては、「日本の産業近代化を象徴する建物を守る」という信念のもと、操業休止の1987年から、2005年に富岡市に寄贈されるまでの18年間にも渡り、民間企業が維持管理をしてきたそうです。多額の経費を掛けながらも「貸さない、売らない、壊さない」という方針によって、ここまで完全な形で保存が出来たのは、ほんとうに素晴らしい事だと思います。

 

群馬県、富岡市、そして長きに渡って維持管理に努めた片倉工業様、地元の皆様、関係者の皆様にご祝福申し上げます。

 

pro_walker.jpg

当社は1902年に創業しておりますが、残念ながら、当時の製靴(せいか)工場などは現存しておりません。

 

その代わりという訳ではありませんが、日本の靴文化、ファッション史の変遷を紐解く上でのトピックには事欠きません。

 

「リーガルプロウォーカー(現在のRegal Walker)」もそのひとつではないでしょうか。

1980年代のアメリカを発端とした健康志向・自然回帰の大きな波は、様々な価値観を生み出し、アウトドアファッションが生まれました。コンセプトを『健康』とするジョギングや登山、キャンプ等、今に続く流行もこの時期日本にもたらされました。
 
コンフォート・シューズの原型もこのアメリカの健康ブームから生まれます。
1986年、足裏のアーチにフィットした形状、底材を発砲スポンジでつくることでクッション性を高め、しかも軽量な「リーガルプロウォーカー」がデビュー。トラディショナルなデザインで人気を博し、その後、「リーガルウォーカー」として今に至るまで多くのお客様から支持を頂いています。
 
1986年にデビューしたNo.601・604・605は、28年経った今、商品コードがNo.601W604W605Wと変わりながら、進化を遂げて今もお客様にご愛顧をいただいています。本当に嬉しい限りで、ご愛用の皆様に改めて御礼を申し上げます。
 

601WAH1_ssborg.jpg

ロナウジーニョが見れないなんて。。。

June 12 2014

ajisai.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

じめじめした日が続きますね。今年は、梅雨のない北海道を除いて、全国的に平年と比較して早くで梅雨入りしたのはご存じの通りです。

 

おまけに、例年以上に「梅雨らしい」天気の日が続いているように感じます。ワードローブの少ない身としては、困りものです。

 

さて、雨の日におススメの靴をピックアップしました。撥水加工のレザーを甲革に使ったり、ゴアテックス(r)ファブリクスを搭載したりというシューズです。

 

M-rain.jpg

L-rain.jpg

まるでW杯の選手名のような「エルニーニョ」現象の発生懸念もあり、まだまだ雨との付き合いは長くなりそうです。靴に、傘に、レインコートなどでうまくこの時期を乗り切りたいと思います。

 

rain3.jpg

この時期は特に欠かすことが出来ないウォータープルーフスプレー(No.TY27A)。

使用に際しては、缶に記載の注意書きをお読みの上、風通しの良い屋外で使用してください。

リーガルRマークスニーカー!

May 21 2014

76FR-1.jpgこんにちは、シューズ・ストリートの藤井(K)です。

今回は懐かしさを覚える方も多いと思います。RマークのキャンバススニーカーNo.76FRのご紹介です。

 

『MADE IN JAPAN』で、キャンバスは10号帆布を使用し、さらにインソールと履き口の内側は、ホースレザー(馬革)を採用。製法は、バルカナイズ式とこだわりの一足!靴函もRマークスニーカー専用となります。(画像はネイビーカラーです)

 

1976年発売当時は、私は小学生で、当時の販売価格は3,600円とかなり高価だった記憶があります。日本では、「ズック」と言われていた運動靴を「スニーカー」という呼び方で発売し、一大旋風を巻き起こしました。

 
 
76FR-2.jpg
(画像の奥は、1995年リーガルスニーカー発売20周年記念のRマークスニーカー復刻版です)
 
こらから初夏に向けて、素足で履くのもお勧めです。懐かしさと共に現代のスタイルにも合う永遠の一足ではないでしょうか。

「ウルトラの父」の靴のサイズは?

May 13 2014

top_0512father.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

6月の第3日曜日は父の日です。シューズ・ストリートでもプレゼントにお勧めの靴をラインアップしております。是非、ご確認ください。

 

『父』と言えば、思い出すのは“ウルトラの父”です。そう、言うまでもなく、円谷プロさんのウルトラヒーローのひとり。

 

ウルトラの母が女性的だったのに対して、ウルトラの父は、髭をたくわえ、「ウルトラホーン」と呼ばれる角をもった姿に、頼もしさをひしひしと感じたものです。身長は45m、体重は5万トン、一説では16万歳とのことで、「ウルトラの父」と比較したら、私なんてまだまだ雛っこです。(笑)

 

さて、シューズ・ストリートでは靴だけでなく、鞄やベルト、財布など革小物も取り扱っております。ラッピングも賜っております。是非、ご利用ください。

 

何かご不明の点があれば、お気軽にお問合せください。オンラインショップへのご来店をお待ちしております。

 

tel-0800-222-8123_2.jpg

PICK UP 「hiromichi nakano」

April 10 2014

 

373H_2.jpg

 

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日のピックアップシューズは「hiromichi nakano」ブランドから。商品コードNo.373H ラウンドトウのシルエットが特徴のカジュアルスリッポンです。

 

373H_1.jpg

( hiromichi nakano No.373H )

 

トレンドのラウンドトウの3E木型を採用し、クラシック&モダンな印象の一足です。

甲革には、特有のシボ感のあるバッファローレザーを使い、つま先と踵をWAXでアンティーク仕上げを施し、フレンチテイストも感じるモダンな雰囲気に仕立てました。

 

日本製で、リーズナブルな価格もポイント!ブラック、ダークブラウンの鉄板カラーの他に、ファッション性に富んだネイビー、ベージュ、レッドを加えた5カラーの展開です。

前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13