rss

リーガルウォーカーは、進化を続けています。

June 23 2014

line.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

先週21日(土)、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に正式登録されることが決まったのは、皆様ご存じのとおりです。

 

「富岡製糸場」の保存に関しては、「日本の産業近代化を象徴する建物を守る」という信念のもと、操業休止の1987年から、2005年に富岡市に寄贈されるまでの18年間にも渡り、民間企業が維持管理をしてきたそうです。多額の経費を掛けながらも「貸さない、売らない、壊さない」という方針によって、ここまで完全な形で保存が出来たのは、ほんとうに素晴らしい事だと思います。

 

群馬県、富岡市、そして長きに渡って維持管理に努めた片倉工業様、地元の皆様、関係者の皆様にご祝福申し上げます。

 

pro_walker.jpg

当社は1902年に創業しておりますが、残念ながら、当時の製靴(せいか)工場などは現存しておりません。

 

その代わりという訳ではありませんが、日本の靴文化、ファッション史の変遷を紐解く上でのトピックには事欠きません。

 

「リーガルプロウォーカー(現在のRegal Walker)」もそのひとつではないでしょうか。

1980年代のアメリカを発端とした健康志向・自然回帰の大きな波は、様々な価値観を生み出し、アウトドアファッションが生まれました。コンセプトを『健康』とするジョギングや登山、キャンプ等、今に続く流行もこの時期日本にもたらされました。
 
コンフォート・シューズの原型もこのアメリカの健康ブームから生まれます。
1986年、足裏のアーチにフィットした形状、底材を発砲スポンジでつくることでクッション性を高め、しかも軽量な「リーガルプロウォーカー」がデビュー。トラディショナルなデザインで人気を博し、その後、「リーガルウォーカー」として今に至るまで多くのお客様から支持を頂いています。
 
1986年にデビューしたNo.601・604・605は、28年経った今、商品コードがNo.601W604W605Wと変わりながら、進化を遂げて今もお客様にご愛顧をいただいています。本当に嬉しい限りで、ご愛用の皆様に改めて御礼を申し上げます。
 

601WAH1_ssborg.jpg

「ウルトラの父」の靴のサイズは?

May 13 2014

top_0512father.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

6月の第3日曜日は父の日です。シューズ・ストリートでもプレゼントにお勧めの靴をラインアップしております。是非、ご確認ください。

 

『父』と言えば、思い出すのは“ウルトラの父”です。そう、言うまでもなく、円谷プロさんのウルトラヒーローのひとり。

 

ウルトラの母が女性的だったのに対して、ウルトラの父は、髭をたくわえ、「ウルトラホーン」と呼ばれる角をもった姿に、頼もしさをひしひしと感じたものです。身長は45m、体重は5万トン、一説では16万歳とのことで、「ウルトラの父」と比較したら、私なんてまだまだ雛っこです。(笑)

 

さて、シューズ・ストリートでは靴だけでなく、鞄やベルト、財布など革小物も取り扱っております。ラッピングも賜っております。是非、ご利用ください。

 

何かご不明の点があれば、お気軽にお問合せください。オンラインショップへのご来店をお待ちしております。

 

tel-0800-222-8123_2.jpg

REGAL Men's 『2014年春 Season Collection』

February 27 2014

season_collestion.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

昨日、公開しました『2014年春 Season Collection』のご案内を申し上げます。

 

今回は、【PRODUCT OF REGAL】と題して、ピックアップした新製品を、商品開発者が解説しております。是非、ご確認ください。

 

新製品の商品一覧は、REGALREGAL STANDARDSRegal Walker でご紹介しております。合わせてご確認ください。

ヘンな形(?)には理由があります。

November 08 2012

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井(K)です。

秋からもうすぐ冬の気配も感じられる季節になりましたが、今、西日本など一部を除き全国的に紅葉が見ごろとなっています。

 

皆様の中にもすでに、紅葉狩りを楽しまれた方もおられるかと思います。(私はもっぱらドライブで車窓からですが)

 

今回は、これからご予定の方の足元を、より軽快にするような履き心地のメンズ商品をご紹介します。リーガルウォーカーNo.JJ22AGのシリーズです。

 

blogphoto.jpg

( 左より No.JJ22AG、  No.JJ23AG、 No.JJ24AGNo.JJ25AG )

 

普段、歩くことが多い職業の方や、ON・OFF兼用で履きたい方などに好評です。

ヘンな形(?)ではなく、オブリークトウと呼ばれる特徴のあるつま先の形状が、足指に沿った形になっており、足の自然な形をあまり崩さぬよう、足入れが良く、履いているときの圧迫感を軽減します。

 

クッション性に優れた軽量のオリジナルモールドソールを採用。カップインソールは足裏の形状を踏まえて成形し、足を包み込むようにしっかりホールドします。EEE幅で、ゆったりソフトで軽快な履き心地を楽しんで頂ける商品です。

 

今でこそオブリークトウの靴は見慣れた形ですが、14年前の発売当初はまだまだ新鮮な形でした。当時の私の第一印象は、正直かっこ悪い形の靴だなと思いました(笑)。が、試しに履いてみると、足指の締め付けがなく、楽で履きやすいと感じたことを良く憶えています。

 

jj23fit.JPG

 

 

また、クラークスメンズのウォーカーでもオブリークトウの商品がございます。

 

857C.JPG

レザー×ハリスツイードとホワイトカラーのソールがカジュアルなNo.857Cは、スニーカー感覚でお履き頂け、今の季節におススメの商品です。(珍しい、同じ靴型のUSBが、おまけとして付きます。)

ブームは今でも続いています

September 27 2012

 

こんにちは、シューズ・ストリートの藤井です。
「軽い、柔らかい、そして履きやすい」というのは、靴を選ぶ際に考える条件の一部だと思います。1970年代、ジョギングに代表される健康志向やスニーカーブームがアメリカから世界に広がりました。同時に軽さ、足あたりの柔らかさなど靴に求められる要素も様変わりし、多くの選択肢が生まれました。
 
リーガルブランドもこのブームに影響を受け、ビジネスシューズデザインをそのままに、新素材を駆使して、軽くて柔らかく、そしてリーガルブランドの靴ならではの履きやすさを失わないことを目指し、1986年秋冬にリーガルウォーカー『No.601』『No.604』『No.605』が誕生しました。
 
shoes_601.jpg
( 左:No.604  中央:No.601  右:No.605 )
 
発売から25年以上過ぎた現在、リーガルウォーカーは一つのブランドとなり、様々なデザインを展開しています。それは今でも軽さ、柔らかさを求める”あのブーム”が続いているからかも知れません。
 
リーガルウォーカー
No.604 (3アイレットモカ)   ブラック/ダークブラウン
No.601 (プレーントウ)     ブラック/ダークブラウン
No.605 (ウィングチップ)    ブラック/ダークブラウン
上記写真の他にシリーズには、ローファー(JP22)のラインアップもあります。
1  2  3