rss

リーガル名古屋中日ビル店で
『工房九分仕立て』オーダー会を開催いたします。

November 15 2011

9_.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日はオンラインショップでなく、名古屋・栄にあります “リーガル名古屋中日ビル店” から、「工房九分仕立て」オーダー会のご紹介です。

 

グッドイヤー・ウェルト製法の底付け工程には、甲革と中底、細革を縫う「すくい縫い」と、表底を付ける「出し縫い」工程があります。この「すくい縫い」の工程までを手で行い、「出し縫い」を機械で行なうのが、今回、ご紹介する「九分仕立て」です。

 

つまり、「九分仕立て」とは、通常、機械で底付けされる工程の大半を、職人が一足一足、手間を掛けて、手で縫う製法のこと。“九割方手作り”の意味で九分仕立てと呼んでいます。

 

リーガルの「工房九分仕立て」は、弊社ビスポーク工房がこれまで培ってきた経験から、その良さを多くの方に味わっていただきたいとの思いから開発されました。

 

中底は、ビスポークと同じ約5mmとたいへん肉厚のベンズを使っています。掘り起こした中底に、直接細革を縫い付けることで、堅牢さを失うことなく、フィッティング感に優れ、履き心地が格段に向上します。これが、「工房九分仕立て」製法の一番の特徴です。

 

つまり、「工房九分仕立て」は、一般的な既成靴と、ビスポークと呼ばれる数十万円のオーダーシューズの“いいトコどり”な製法な訳です。

 

9_insole.jpg

パターンオーダーでない「九分仕立て」の靴は、リーガル トーキョーで展開をしており、今回のパターンオーダーもそれに準じて『REGAL TOKYO』ブランドとなります。

 

今回のフェアは、パターンオーダーですので、甲革、ライニング(内張)、底の仕上げなど、お客様のお好みで選択が出来ます。デザインは、写真の2デザインがベースですが、穴飾りのアレンジなども、ご相談のうえ、承ります。

 

フェアは、11月18日(金)から12月25日(日)まで。

店頭では、足を入れて、「九分仕立て」の違いを体感戴けるよう、各サイズ(23.0~27.0)のサンプルもご用意致しました。期間も長いので、じっくり、何回もご確認を頂くことが可能ではないでしょうか。

パターンオーダー価格は、仕様によって異なり¥89,250から。

 

nagoya.jpg

リーガル名古屋中日ビル店は、栄の中日ビル1階にございます。

 

大鹿店長よりコメントです。

「私達も初の九分仕立てオーダー会でドキドキ・わくわくしております。まずはお気軽にご来店頂き、見ていただければと思います。スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。」

大阪・リーガルシューズ心斎橋店で
シェットランドフォックスのパターンオーダー会

October 28 2011

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日はオンラインショップでなく、店舗の情報です。

 

大阪・ミナミにございますリーガルシューズ心斎橋店で開催致します「 シェットランドフォックス 」パターンオーダー会のご紹介です。

 

 

SF.jpg

 

「シェットランドフォックス」は、1980年代初頭にデビューしたブランド。

世界に通じるシューズブランドとして、海外展開もしていました。2009年春、「ブランドに惑わされないブランド」として再デビューして今に至ります。

 

今回、ご紹介するのは、その「シェットランドフォックス」のパターンオーダー。

インバネス、ケンジントン、グラスゴーといったブランドを代表する3シリーズをベースに、オーダー会ならではの限定革素材が選ぶことが可能で、異素材を組み合わせるコンビネーションもオーダーが出来ます。

 

革素材には、イタリアのフラスキーニ、イルチア、フランスのアノネイやディプイなど、スムース革からスエード、エンボスドレザーなど、30種類近いカーフやキップからお選びいただけます。

 

 

 

sample_1.jpg

制作例のご紹介です。

インバネスのシリーズから。左の外羽根ストレートは、仏アノネイのカラグレインとビーチェスナッツのコンビ。マニアック過ぎず、それでいてエンボスドレザーとスムースレザーのコンビネーションがたいへん印象的です。

 

右のストレートチップはブラックとネイビーのコンビという玄人好みの一足。仏アノネイのボカルー(ブラック)とオルソ(ネイビー)のコンビです。透明感のある淡いネイビーのアニリンカーフと、ライニングのボルドー色がとてもマッチしています。

 

 

 

sample_2.jpg

次にグラスゴーシリーズのウィングチップ。

スエードとスムースのコンビは、伊イルチアのラディカ(スムース)と英SFステッドのスーパーバック(スエード)の組み合わせ。既成靴ではまず目にしないクラシカルな印象の同色異素材の組み合わせ。散りばめられたメダリオンやライニングのレッドで、ドレッシーな一足に仕立てられました。

 

shinsaibashi.jpg

心斎橋店スタッフより。

「パターンオーダーは、限定素材などオリジナル色満載です。『シェットランドフォックス』は私共も大好きな靴。ぜひ、この機会にこだわりの一足をおつくりくださいませ。スタッフ一同、皆様のお越しを心からお待ちしております。」

 

リーガルシューズ心斎橋店は大阪・地下鉄御堂筋線心斎橋駅2番出口を出て、クリスタ長堀の南14番出口からすぐにございます。

 

開催期間     : 2011年10月28日(金)~11月13日(日)

価格             : ¥39,900(税込)~ 仕様によって異なります。

picture.jpg

(当社デザイナーのスケッチです。)

東京・新宿に新しいリーガルシューズが誕生しました

October 11 2011

subnade_1.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日はオンラインショップでなく、全国のリーガルシューズのお話です。

 

9月 東京・新宿に新しいリーガルシューズ「新宿サブナード店」がオープン致しました。「新宿サブナード店」は、JR新宿駅東口、西武新宿駅からすぐの、ちょうど靖国通り地下に位置するサブナード地下街にあります。

 

subnade_2.jpg

 

店内は、中央の仕切りを境に左右でメンズとレディースの展開スペースとなっています。男性も女性も今まで以上にごゆっくりお選び頂けるのではないでしょうか?

 

LEDを使った店内は、地下街でありながら、自然光に近い照明で、革の微妙なカラーも感じていただきやすいかと思います。

 

スタッフによると「まだまだ、男性の若いお客様が少ないんですよねぇ。」と。「格好イイ紳士靴も、しっかり押さえて取り揃えておりますので、皆さまのご来店を心からお待ちしております。」との事でした。

 

新宿エリアでは新宿アルコット店、小田急エース店に続く3店舗目となります。既存の2店舗と合わせて、どうぞよろしくお願いします。

全国136店舗のREGAL SHOESで開催

September 15 2011

(2011.10.3更新)

下記、記載のプレゼントキャンペーンは終了致しました。

多くのお客様のご来店、ご購入を頂き、誠に有難うございました。

                        リーガルシューズ スタッフ一同

--------------------------------------------------------------

2011regalweel.jpg

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

今日は、オンラインショップではなく、全国のリーガルの専門店 『リーガルシューズ』 のキャンペーンご案内です。

 

全国136店舗の「REGAL SHOES」では、秋の「リーガルウィーク」を9月16日(金)より開催します。期間中、全国の「REGAL SHOES」で、1万円(税込)以上の靴を買うと、3つのこだわりのプレゼントの中からひとつもらえます!

 

写真真ん中の紺色のバックは、1994年のリーガルウィークのノベルティとして登場し、爆発的な人気を得た3WAYバッグの復刻品です。「手提げ」「肩掛け」「リュック」の3通りに使え、またデザイン・カラーともベーシックに仕上げたことで、いろいろなシーンにも対応可能です。

 

また写真右側の真鍮製のシューホーン(靴べら)は、1983年の「リーガルウィーク」ノベルティとして登場したものを、今回のリーガル50周年を機に復活。50周年記念の革タグが付いています。全店舗で10,000本の限定品となります。

 

写真左は、チェックが映えるショルダーバッグ。「トラッド」がテーマのアイテムです。A4サイズも入る、見た目以上の収納力で男女問わずお使いいただけます。

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

皆様のご来店をお待ちしております。

スマホばかりが目につくご時勢ですが

August 02 2011

tab.JPG

こんにちは、シューズ・ストリートの中村です。

都内量販店での携帯電話の販売は、“ガラケー”(ガラパゴス携帯)と呼ばれる一般的な携帯を、スマートフォンが抜いたという報道を目にしました。

 

テレビや雑誌、電車の社内吊りなど記事や広告も“スマホ”なんて呼ばれるスマートフォンばかり。

実際、料金などを別にすれば、とっても便利なのでしょうね。また、“スマホ” には靴をデザイン出来るような、ちょっと興味をひくアプリもあったりして・・・。

 

まだまだ当分の間は、“スマホ”の流れは続くと思います。とは言っても新規販売台数のお話。全国的な保持者のお話や構成を考えれば、まだまだ“ガラケー”が大勢の状況です。

 

シューズ・ストリートのメンバーも、スマホやタブレットを併用している者もおりますが、全員がガラケー持ち。通話がしやすい、充電のもちがいい、片手だけで操作ができるなど、ガラケーにはガラケーのよさがあります。

 

さて、シューズ・ストリートには、“ガラケー”対応のモバイルサイトもございます。

節電でパソコンを立ち上げたり、見る時間が減りがちな昨今。リラックスして、横になりながらでも見れるモバイルサイトは如何でしょうか?

 

モバイルサイトでのご来店もスタッフ一同お待ちしています。

 

ss-mobile-qr.jpg

前へ 1  2  3  4  5  6